2017年1月14日土曜日

揖斐高先生特別講演会(1/13)を終了いたしました

約60名の参加者がありました。揖斐高先生は、頼山陽が、「勢」と「機」という概念を組み合わせて用いることによって、所与のものとしてある歴史の動きに、人間が主体的に関わる契機を見出したと論じられました。また、山陽による歴史記述が、イデオロギーや思想による歴史評価(いわゆる”歴史観”)とは異なる性質を持っていたこと、とくに、個々の人物が歴史の進行の中で見せる印象的な行動や発言(いわば歴史人物の”表情”とでも呼ぶべきもの)を捉えようとするものであったことを指摘されました。ご講演後、質疑応答が行われ、頼山陽の文学の評価をめぐって活発な議論がなされました。





関連リンク →特別講演会案内

※本報告は事務局がまとめております。ご講演の内容やニュアンスを正確に伝えていない可能性がある点を、あらかじめお断り申し上げます。

2017年1月12日木曜日

第2回日本漢文学総合討論に対する齋藤希史先生のコメント

昨年9月に開催されました第2回日本漢文学総合討論に、ディスカッサントとしてご出席いただきました齋藤希史先生より、以下のようなコメントをツイッター上にいただいております。
https://twitter.com/mareshi/status/775166406606192641
https://twitter.com/mareshi/status/775167693921976320
https://twitter.com/mareshi/status/775168395666857984
https://twitter.com/mareshi/status/775170571164233728
https://twitter.com/mareshi/status/775171453847166977

とくに、「「漢文学」をそれぞれの地域の「文学史」に包摂すればよいというものではなく,また、「東アジア文学史」として描き出せばよいというものでもない」というご指摘は(上から三番目のコメント)、多くの方が共感されるところではないかと思います。先生のご提示されている「圏域」と「規範」という考え方をはじめ、漢字文化をめぐる新たな思考の枠組みが必要であることを強く感じます。

関連リンク
→第2回日本漢文学総合討論 趣旨説明 レポート

2016年12月13日火曜日

揖斐高先生による特別講演会を開催します 1月13日(金)16:30~ 慶応大学

師走の慌ただしい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
新春に、次のような講演会を企画いたしました。
事前申込みなどは不要です。多くの方のご来場をお待ちいたしております。

歴史的典籍ネットワーク事業
日本漢文学プロジェクト特別講演会

揖斐高 成蹊大学名誉教授
「「勢」と「機」の歴史哲学―頼山陽における歴史と文学をつなぐもの―」

2017年1月13日(金)
16時30分~18時
 
慶應義塾大学 三田キャンパス
南校舎 447教室
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
(正門を入ってすぐ右手に見える白い建物です。上記ページキャンパスマップの6番の建物となります)

主催:日本漢文学プロジェクト共同研究グループ
共催:国文学研究資料館
連絡先: 慶應義塾大学 合山林太郎研究室
(03-5418-6437、goyama*flet.keio.ac.jp  *=@)


 

2016年12月8日木曜日

西安におけるパネル・ディスカッションのレポート

やや時間が経過しておりますが、昨年度の中国・西安におけるパネル・ディスカッションにおけるレポートを発表しております。日本漢文学研究においては、古代・中世と近世・近代との間に研究手法や評価基準において大きなギャップがあるのではないかということを指摘しています。掲載をお許しいただいた二松学舎大学に感謝申し上げます。

「中国・西安で日本漢文学研究のグローバル化について考える―第8回和漢比較文学会海外特別例会発表についての報告―」(『雙松通訊』21号、20167月、PP11-13

関連リンク
『雙松通訊』(二松学舎大学東アジア学術総合研究所・日本漢文教育研究推進室実施委員会)のページ
→和漢比較文学会海外特別例会(西安)プログラム パネル趣旨 内容

2016年11月20日日曜日

公開シンポジウム「文雅の記憶―幕末・明治期文人と時代・政治・地域文化」終了いたしました

30名の参加者があり、活発な議論がなされました。
発表では、大橋訥庵(おおはし・とつあん)、菊池三渓(きくち・さんけい)、宇田栗園(うだ・りつえん)、吉嗣拝山(よしつぐ・はいざん)という4名の人物が取りあげられ、幕末・明治期における詩人のネットワークや生活の具体相について報告ががなされました。とくに地方の詩会の様子や書画の依頼のあり様などに関して、具体的な数字や画像などを用いつつ、詳細な情報が提示されました。
討論においては、文雅、書画、勤王など、様々な要素を持つ19世紀における日本の文人のあり方について意見が交換されました。また、昨今の日本漢詩文に関する社会学・歴史学的な研究の隆盛(詩文を歴史資料として取り扱い、文学性などは考慮しない)が指摘され、あらためて詩や文と向き合うことの意味について検討がなされました。
上智大学の学部生2名が、三渓の漢文を読解し、その訓読の声が凛々と会場に響く様子が印象的でした。






関連ページ 
→公開シンポジウム「文雅の記憶―幕末・明治期文人と時代・政治・地域文化」プログラム
国際ワークショップ「幕末漢詩文の”かたち”」プログラム 趣旨説明 報告

2016年10月19日水曜日

公開シンポジウム「文雅の記憶―幕末・明治期文人と時代・政治・地域文化」を開催します(11/19 上智大学)

下記の集会を開催いたします。多くの方のご参加をお待ちしております。

公開シンポジウム
「文雅の記憶―幕末・明治期文人と時代・政治・地域文化―」

2016年11月19日(土)14:00~17:00
上智大学12号館203教室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya
(上のリンクの12番の建物です。なお、当日北門は閉まっておりますので、正門からお入りください。)

第1部 研究発表
「幕末・明治期文人の諸相」14:00~15:30

佐藤温(日本大学講師)
「幕末の変革期における文人のあり方―大橋訥庵と菊池・大橋家の人々に着目して―」

福井辰彦(上智大学准教授)
中野未緒・高橋佳菜子(上智大学学生)
「明治初年の菊池三渓」

新稲法子(佛教大学非常勤講師)
「宇田栗園―乙訓漢詩壇の父―」

長尾直茂(上智大学教授)
「太宰府に遺る吉嗣拝山関係資料について」

第2部 討議
「文雅の記憶をめぐって」15:50~17:00

主催:上智大学文学部国文学科、日本漢文学プロジェクト共同研究チーム
共催:国文学研究資料館
連絡先:上智大学福井辰彦研究室 ℡:03-3238-3977 mail:thukui*sophia.ac.jp *=@

開催趣旨
 幕末・明治期は日本漢文学が質量ともにもっとも充実した時代だったとも言われる。漢詩文の創作・享受が、地域的にも階層的にも広く普及し、多くの学者・文人・詩人たちが、全国各地で多様な活動を繰り広げた時代。しかし現在、その「文雅の記憶」は、ごく一部の例外を除けば、すっかり忘れ去られていると言ってよい。本シンポジウムでは、当時の文人たちの事績・文業を、自筆稿や書簡など一次資料を駆使しながら掘り起こすこと、いわば失われた「文雅の記憶」を思い起こすことをテーマとする。
 第一部では、幕末・明治期の文人に関する最新の研究成果について発表を行う。思想や政治との関係、激変する時代との向き合い方、地域文化における役割・意義、といった切り口から、この時期の漢文学の多様なあり方を具体的に跡づけてゆく。
 第二部では、第一部の発表を踏まえつつ、いま「文雅の記憶」を想起することの意味や可能性について、来場者とともに討議したい。いま学問や教育には「目に見える〈成果〉を挙げられるのか」「〈国際的〉に意味があるのか」「社会にとって〈有用〉か」といった問が突きつけられている。そのような風潮の中で、本シンポジウムが対象とするような文人研究が正当な評価を得ることは困難であろう。忘れられた文人たちの研究に、国際的・社会的な意義を認める人は少ないであろうし、成果を得るまでには相当な手間と時間を要する。そんないま、敢えて「文雅の記憶」の重要性を論ずることは、成果主義・国際化・功利主義といった〈はやりことば〉を相対化するよすがにもなるのではないか。そうした文脈を意識しつつ、議論を進めてゆきたい。
 なお、本シンポジウムにはもう一つ、学生に研究の現場を体感してもらうという教育的な目的がある。第一部の発表者に上智大学文学部国文学科の学生2名が含まれているのはそのためである。参加者各位の暖かいご指導をお願い申し上げる。


 

2016年10月11日火曜日

和習研究会2016、終了いたしました

4名の参加者があり、富士山を詠った江戸漢詩などをめぐって、活発な議論が行われました。和習の代表として言及されることが多い石川丈山の「富士山」(雪は紈素の如く 煙は柄の如し。白扇 倒〈さかし〉まに懸かる 東海の天)などは、今日の中国の人々にとっては、十分通じるものであること(「扇」という語から、日本式の扇を思い浮かべることができる)、ただし、山を形容するものとしては、「扇」は、ややスケールが小さく感じられることなど、興味深い指摘が多くありました。古代・中世の漢詩と比較した際の、近世の漢詩の持つある種の細かさや、日本的と感じられる表現の多さなどについても話題となりました。

※本報告は事務局がまとめております。発言の内容やニュアンスを正確に伝えていない可能性がある点を、あらかじめお断り申し上げます。

関連リンク →「和習研究会-高兵兵先生を囲んで-」(大阪)