2016年8月10日水曜日

第2回日本漢文学総合討論「“漢文学”は東アジアにおいてどう語られてきたか?」を開催します(9/10 大阪大学)

歴史的典籍NW事業
第二回日本漢文学総合討論
「“漢文学”は東アジアにおいてどう語られてきたか? ―中国、韓国、そし
て日本―」
A Symposium on Japanese Kanbun: A Comprehensive Study on Chinese
Prose and Poetry Written by Japanese, 2016
The Place of "Sinitic Literature" in East Asia: Chinese, Korean, and
Japanese Perspectives

2016年9月10日(土) 
13時30分-18時
大阪大学豊中キャンパス
文学研究科本館2階 大会議室
 
趣旨説明 13:30~13:40
山本嘉孝 YAMAMOTO Yoshitaka  (大阪大学講師)
 
Session 1 13:40~14:00
論点整理 及び プロジェクトの経過報告
     
Session 2 14:10~15:20
金程宇  JIN Chengyu  (南京大学域外漢籍研究所教授)
日本漢詩在東亞文化圈中的意義
東アジア文化圏における日本漢詩の意義
  司会 中本大  NAKAMOTO Dai  (立命館大学教授)
  通訳 張麗静  ZHANG Lijing  (大阪大学招へい研究員)

Session 3   15:30~16:40
姜明官  KANG Myeong Kwan (釜山大学校文科大学教授)
조선후기 한문학의 公安派 수용의 양상  (한국한문학 연구사 검토를 겸하
여)
朝鮮後期の漢文学における公安派受容の様相 ―韓国漢文学研究史の検討を兼
ねて―
   司会 福島理子  FUKUSHIMA Riko  (帝塚山学院大学教授)
  通訳 康盛国  KANG Sung Kook  (大阪大学招へい研究員)

総合討論 16:50~17:50
ディスカッサント
大谷雅夫 OTANI Masao (京都大学教授)
齋藤希史 SAITO Mareshi (東京大学教授)  

閉会の辞 17:50~18:00
飯倉洋一 IIKURA Yoichi (大阪大学教授)

使用言語
中国語・韓国語・日本語
(すべて日本語へ通訳されます)

主催:日本漢文学プロジェクト共同研究チーム・大阪大学大学院文学研究科
国際古典籍学クラスター
共催:国文学研究資料館
連絡先: 山本嘉孝研究室
(Tel: 06-6850-5680  E-mail: yamamoto*let.osaka-u.ac.jp *=@

開催趣旨
  漢文学の歴史を考える際、中国とともに忘れてはならないのが、東アジア
の他の国や地域における漢文学の隆盛である。よく知られるとおり、中国以
外にも、韓半島、ベトナムなどにおいて、漢文や漢詩が愛好され、社会にお
いて重要な役割を果していた。日本の漢詩文の特徴を考える際には、東アジ
アの諸地域の状況と比較することが必要不可欠となる。
  この研究集会では、韓半島の漢文学を中心に、東アジアの漢文学について
様々な知見を得つつ、日本漢文学を新たに捉え直すための議論を行う。その
際、歴史的な事実の探求とともに、近代以降、それぞれの国・地域において
、漢文学史がどのように構成されてきたという点にも注目する。
  よく知られるとおり、日本では、漢文と母語との間には大きな隔たりがあ
る。それゆえ、漢詩文を自国の文学史の中にどの程度取り込むのか、「国語
」や「国文」などの概念の導入とも関わりながら、今日まで、様々な考え方
が提示されてきた。似た言語環境を持つ韓国の場合、漢詩文を自身の文学史
において、どのように位置付けているのであろうか。
  また近年、中国では「域外漢籍研究」などの呼称のもと、中国以外の地域
の漢文学を研究することが盛んである。このような東アジア全体を俯瞰する
アプローチをとった場合、日本漢詩文はどのような意義を持つものと見えて
くるのか。
  二名の海外の研究者のお話をうかがいながら、率直な意見交換を行い、今
後の日本漢文学のあり得べき“語り方”について展望を拓きたい。

Symposium Overview
     The history of classical Chinese prose and poetry spans across
East Asia, including China, the Korean peninsula, Vietnam, and Japan.
In order to gain a deeper understanding of the history of Sinitic
literature in Japan, careful comparisons with different parts of the
East Asian sphere are paramount.
     This symposium will attempt to situate the development of
Sinitic literature in Korea and Japan within the broader context of
East Asian cultural history, while also paying attention to how
Sinitic literature has been studied in modern East Asia. Of
particular interest is the place of Sinitic literature in Japan and
Korea, where the native language is linguistically dissimilar to the
Chinese language. How does the Japanese case compare to the Korean
case, and vice versa? Also, the study of “Chinese texts outside of
China” has been gaining ground in China, allowing for a more
holistic approach. What new light can we shed on Japanese Sinitic
poetry within the broader East Asian context? Scholars from China,
Korea, and Japan will exchange views, with ample time for questions
from the floor.


2016年8月6日土曜日

パネル発表「日本漢文学研究を“つなぐ”」を終了いたしました

国文学研究資料館主催においてパネル発表「「日本漢文学研究を“つなぐ”―通史的な分析・国際発信・社会連携―」」を行いました。5名の先生方の報告で構成いたしました。

前3名の報告者(滝川先生、中本先生、福島先生)は、漢詩文が制作される場の問題や漢文学的な知の流通経路(受容の問題)などについて、古代、中世、近世の状況について発表するという内容でした。
戦後の日本文学では、それぞれの時代に分かれ、細かな実証を積み上げてきました。したがって、各時代を超えて議論をすることがあまりなく、今回の共同研究では、通史を考えるという行為を通じて、こうした研究状況に新たな展開をもたらしたいと考えております。
たとえば、古代の宴席と近世の詩会との違い、それぞれの時代における漢の知識の位置(和に由来する知識との関係など)など、基礎的ではあるが、あまり普段の研究では考えない問題をマジメに議論することによって、より本質的なものが見えてくるのではないかと考えております。今回の報告は、その一つのテストケースでした。

後2名の報告者(フォーリ先生、フレーリ先生)は、フランス語圏、英語圏における日本漢文学の研究動向や関心の所在について発表しました。
フランスには、日本研究に複数の潮流がありますが、とくに漢文は、仏教との関わりの中で多く研究されてきたとのことです。また、英語圏での状況については、現在、日本漢文学への関心が高まっていること、その中で、日本漢詩文の呼称などについて、いくつかの説が併存していることが紹介されました。
日本語では自明のことであっても、外国の文化圏・言語圏では通じないことが多くあります。このプロジェクトではそのような問題についても注意をしながら進めてまいります。

パネル終了後、多くの方から様々なご意見をいただきました。あつく御礼申し上げますとともに、ひきつづき、お力添えのほど、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

関連ページ ポスター(資料館) 要旨 高校の教育と日本漢詩











2016年7月31日日曜日

ワークショップ「『ケンブリッジ日本文学史』を読む」を終了いたしました

17名の参加者があり、General Introductionを中心に、言葉の用い方の背後にある、英語圏の研究のコンテクストなどについて、フレーリ先生にお尋ねしながら、なごやなか雰囲気の中で、議論が進みました。討議の内容につきましては、後日、その概要を掲示いたします。





2016年7月22日金曜日

今日の高校の国語教育と日本漢詩文 (パネル「日本漢文学研究を“つなぐ”」より)

現在、国文学研究資料館における日本語の歴史的典籍国際研究集会(7月29、30日)に向けての準備が進んでおります。当日はウェブでの中継があるとのことです。遠方の方も、以下のページから御覧いただければと存じます。
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/sympo20160729.html

私たちのパネル「日本漢文学研究を“つなぐ”」では、①通史的な分析、②国際発信、③社会連携の3テーマについて報告することを予定しております。このうち、「①通史的な分析」に関しては、「日本人は、漢詩を誰に向けて作ったのか(どのような読者を想定して作っていたのか)」という視点から、古代・中世・近世それぞれの時代の漢文学のあり方について議論してゆく予定です。また、「②国際発信」については、英語圏、フランス語圏における日本漢文学の研究の状況や関心の所在について発表してまいります。

「③社会連携」につきましては、報告中、言及することはあると思うのですが、十分に議論をする時間がないと思いますので、ここで意図していたことについて記させていただきます。

これまでに蓄積された日本漢文学研究の成果をどのように社会に還元してゆくかということは重要な課題であり、その際、とくに注意すべきは、教育との関わりであると考えられます。今日、多くの人々が漢文に触れるのは、国語(古典)の教室であるからです。

中等教育について見るならば、今日、日本漢詩文は、学習者の眼に、以前より触れやすくなったように感じます。たとえば、現行の高等学校学習指導要領には、「教材には、日本漢文を含めること。また、必要に応じて近代以降の文語文や漢詩文、古典についての評論文などを用いることができること」(17頁、「古典B」の項)と記されています。

また、高等学校国語学習指導要領解説 には、「我が国の文化において漢文が大きな役割を果たしてきた」(66頁、古典Aの項)、「日本人の思想や感情などが、漢語、漢文を通して表現される場合も少なくなかった」(同)、また「中国の漢文だけではなく、その影響を受けて日本人がつくった漢文も取り上げ、我が国の文化と中国の文化との関係について考えることは、我が国の伝統と文化を理解することに資するものとなる」(70頁、古典Bの項)などの記述とともに、日本漢文を学ぶことの意義が説明されています。

実際に、現行の古典Bの教科書のほとんどは、「日本漢詩文」の見出しを立て、日本人の手になる漢詩・漢文を収録しています。以下に現在使われている教科書における収録状況の概況を記します(この表は、調査などに不十分な点があり、完全なものではないことをお断り申し上げます)。

作品名収録教科書
菅原道真「九月十日」教育出版「古典B」
菅原道真「不出門」桐原書店「古典B・漢文編」、第一学習社「古典B・漢文編」
菅原道真「読家書」明治書院「古典B・漢文編」
菅原道真「梅花」数研出版「古典B・漢文編」
絶海中津「題野古嶋僧坊壁」数研出版「古典B・漢文編」
義堂周信「深耕説」明治書院「古典B・漢文編」
石川丈山「富士山」明治書院「古典B・漢文編」
菅茶山「冬夜読書」三省堂「精選古典B」、教育出版「古典B」、第一学習社「古典B・漢文編」
頼山陽「泊天草洋」三省堂「精選古典B」
頼山陽「題不識庵撃機山図」大修館「古典B・漢文編」
頼山陽「日本外史」(「信玄何在)教育出版「古典B」、筑摩書房「古典B」、数研出版「古典B・漢文編」
頼山陽「日本外史(所争在弓箭不在米塩)」大修館「古典B・漢文編」、東京書籍「精選古典B・漢文編」
頼山陽「日本外史(諸将服信玄)」東京書籍「精選古典B・漢文編」
廣瀬淡窓「桂林荘雑詠示諸生」三省堂「精選古典B」、教育出版「古典B」、大修館「古典B・漢文編」
釈月性「将東遊題壁」大修館「古典B・漢文編」
成島柳北「火輪車中之作」桐原書店「古典B・漢文編」
森鷗外「航西日記」三省堂「精選古典B」
正岡子規「送夏目漱石之伊予」三省堂「精選古典B」、第一学習社「古典B・漢文編」
中野逍遙「思君」桐原書店「古典B・漢文編」
夏目漱石「題自画」三省堂「精選古典B」、教育出版「古典B」、大修館「古典B・漢文編」、数研出版「古典B・漢文編」
夏目漱石「無題」明治書院「古典B・漢文編」

本パネルでは、こうした教科書に掲載された漢詩や漢文について最新の解釈を紹介し、教科書にいかなる日本漢詩文を収録するのがよいかといった事柄についても検討を行いたかったのですが、十分な時間がとれそうにありません。

こうした問題については、今後皆様とともに考えてゆきたいと思います。もし、ご意見などございます場合、以下までいただければ、たいへんありがたく存じます。
nihonkanbungaku@gmail.com

2016年6月20日月曜日

パネル「日本漢文学研究を“つなぐ”―通史的な分析・国際発信・社会連携―」の要旨を掲載します

以下のページに、登壇者をはじめ、全情報が掲示されています。
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/sympo20160729.html

「日本漢文学研究を“つなぐ”―通史的な分析・国際発信・社会連携―」
"Globalizing Japanese Kanshibun Studies:Interdisciplinary Approaches"

要旨
 日本漢詩文(日本人が作った漢詩や漢文)は、今日、様々な文芸ジャンルの中でも、とくに大きな研究発展の可能性を持つ領域として注目を集めている。しかし、そこには、いくつかの乗りこえられるべき課題もある。そして、それは、以下に述べるように、"つなぐ"ことによって解決すべき問題として理解し得るように思われる。 まず、日本文学領域において、古代・中世・近世・近代など、時代ごとに行われている研究を "つなぐ"必要がある。すなわち、それぞれの時代において異なる問題意識を共有し、作品へのアプローチや学術用語についても、相互参照可能なかたちへ改めてゆくべきであろう。日本漢詩文の全体像に関して生産的な検討を行うためにも、こうした作業は必要不可欠のものと言える。
 次に、研究の成果を社会と"つなぐ"ことも、積極的に考えるべきテーマと言える。学習指導要領の改正などにより、現在、日本人が作った漢詩や漢文が、高等学校の国語教科書に収録されるようになってきている。最新の研究の成果を踏まえつつ、どういった作品が教科書に収録されるべきか、あるいは、研究と教育とをどのように連携させるかといったことについて、具体的な議論を行うべきである。
 最後に、海外における日本漢文学の研究と、日本における研究とをどのように "つなぐ "かについても考えなければならない。日本漢詩文への関心は、近年、世界の様々な地域で高まっているが、それぞれの文化圏において、異なる視点から分析がなされている。こうした動向と日本国内での研究の蓄積とを接続し、立体的・多面的な認識を形成することが求められている。
 このパネルでは、本共同研究においてこれまで行ってきた試みと成果を報告する。また、英語圏及びフランス語圏における日本漢文学研究の現状について紹介する。その上で、時代ごとに細分化した日本漢詩文研究を通史的に記述するために、どのような工夫が必要か、さらに、研究を国際的に発信し、また社会において役立てるために、どのようなモデルを考え得るかについて討論してゆく。

Abstract
        Various fields are paying increasing attention to the study of Japanese Kanshibun (Literary Sinitic or Classical Chinese Prose and Poetry written by Japanese). This panel aims to accelerate this trend by focusing on the following three points.
  1. Japanese Kanshibun studies have recently been flourishing not only in Japan but also in other countries. However, there still exists a wall between the worlds of domestic and foreign researchers. This panel attempts to promote productive information exchange between researchers from different academic backgrounds by introducing the latest trends in Japanese Kanshibun studies in English-speaking and French-speaking nations.
  2. Most researchers of Japanese Kanshibun specialize in an individual historical period and the approaches to gain an overall picture of Japanese Kanshibun are rarely adopted in the field of Japanese Literature Studies. This panel will therefore also seek a way for researchers to share their views with other researchers specializing in different periods.
  3. Works of Japanese Kanshibun are recently being gradually adopted into Japanese textbooks for high school students. An effective way to reflect the latest knowledge of this field in education will also be discussed in this panel.

2016年6月13日月曜日

ワークショップ「『ケンブリッジ日本文学史』を読む」を開催します 7/28(木)18:30~

以下のような催しを行います(国文学研究資料館の研究集会の前日です)。
多くの方のご来場をお待ちいたしております。

歴史的典籍NW事業 ワークショップ
『ケンブリッジ日本文学史』を読む―漢文学関連の章を中心に―
Workshop
Analyzing “The Cambridge History of Japanese Literature”: Focusing on the Chapters of Sinitic Literature Written by Japanese
2016年7月28日(木) 18:30~20:00
慶應義塾大学 三田キャンパス 東館4階 セミナー室
ゲスト マシュー・フレーリ氏(Prof. Matthew Fraleigh)

英語圏でひろく読まれているケンブリッジ・ヒストリーのシリーズにおいて、昨年、「日本文学」の巻が刊行されました。このワークショップでは、本書の執筆者の一人をお招きし、異なる文化圏において、日本文学がどのように語られているのか、あるいは語り得るのかについて考えてゆきます。なお、議論は、日本漢詩文に関係する章を中心に行います。
The Cambridge History of Japanese Literature (Cambridge Histories Online)のページ

使用言語:日本語(テキストは英語です)

主催:日本漢文学プロジェクト 共同研究チーム
共催:国文学研究資料館
連絡先: 合山林太郎研究室(goyama@flet.keio.ac.jp

 

2016年6月12日日曜日

パネル「日本漢文学研究を“つなぐ”―通史的な分析・国際発信・社会連携―」7/30(土)

以下の研究集会において、パネル報告を行います。

第2回 日本語の歴史的典籍国際研究集会
日本古典籍への挑戦―知の創造に向けて―」
2016年7月29日(金)・30日(土)
国文学研究資料館大会議室
国文学研究資料館・研究集会のページ

7月30日(土)12:10~13:40
パネル2「日本漢文学研究を“つなぐ”―通史的な分析・国際発信・社会連携―」
Globalizing Japanese Kanshibun Studies:Interdisciplinary Approaches

概要説明
合山林太郎(慶應義塾大学文学部准教授)
GOYAMA Rintaro(Keio University)
報告1
滝川幸司(京都女子大学文学部教授)
TAKIGAWA Koji(Kyoto Women's University)
報告2
中本大(立命館大学文学部教授)
NAKAMOTO Dai(Ritsumeikan University)
報告3
福島理子(帝塚山学院大学リベラルアーツ学科教授)
FUKUSHIMA Riko(Tezukayama Gakuin University)
報告4
ジュリアン・フォーリ(高等研究実習学院博士課程)
Julien FAURY(EPHE)
報告5
マシュー・フレーリ(ブランダイス大学准教授)
Matthew FRALEIGH(Brandeis University)

5名の報告の後、フロアをまじえてのディスカッションを予定しております。多くの方と議論できますことを楽しみにいたしております。追って趣旨説明などを掲示いたします。